FC2ブログ

記事一覧

種苗法改正と天皇家やビルゲイツの関係

結局、4/28日には地震は起きなかったようだ。恐らく東出氏の予告を目覚めた人達がどんどんSNSへ拡散したのが功を奏したのだろう。とはいえ別の日時を狙ってくるものと思われるので警戒は怠ることはできない。
そういえば先日、某女優Sさんが自身のツイッターで政府がコロナ騒ぎの水面下で種苗法改正案を通そうとしていることについて警鐘を鳴らしていた。以前もオウムの麻原死刑執行の背後で水道民営化を通した前歴があるように、政府のやり方はいつもこうなので今に始まった事ではない。
その種苗法改正内容とは開発者の権利保護の名目のもと、日本の農家が登録品種の自家採取を禁じられるというものだ。種子法廃止の場合国が対象であり、米・麦・大豆の管理権を手放すといった違いがあるのだが、私にはどう考えても双方グローバルエリートにとって都合の良い方向に持っていこうとしているように思える。一応、表向き農水省の知的財産課は、国内で品種開発を滞らせない、新品種を保護する、農業を発展させる、国外への持ち出しを禁ずるなどが目的としたうえで、日本の品種改良にも力を入れ海外に負けないようにするので、外資企業に頼らざるを得ない状況に陥る心配はないとしている。バイエル(旧モンサント)からの遺伝子組み換え食品やゲノム編集食品、除草剤等の危険な食品の流入を防げるといっているかのようだ。
私はそうは思えないが。日本の食品の表示義務なんてガバガバだからだ。例えばある国の原材料や種子を輸入し、自国で加工したり栽培するだけで国産として表示できてしまう。
それに、遺伝子組み換え食品と深く関わっているのはバイエルだけではない。例を挙げるなら日清製粉グループ本社。名誉会長相談役は上皇后の弟なので皇族と深く関わっている。
以前、ロシア消費監督庁が米国で生産された日清製品からかなり多くの遺伝子組み換え食品が使用されていたようだ。

https://jp.sputniknews.com/amp/life/201712124370226/


しかも、遺伝子組み換え食品を使用していないというにもかかわらず。
大企業それも皇族と深い繋がりのある企業はなお信用ならない。(そこで働いている善良な職員には“無知という名の罪”は別にして大きな罪はない)


しかも、日清製粉グループは山崎製パンと深く繋がり、協力関係にある。山崎パンのロゴマークがまたまた天皇家やイエズス会、古代イスラエルの象徴とも言える太陽だ。
山崎パンや日清製食品からは遺伝子組み換え食品だけでなく除草剤グリホサートがかなり検出されたようだ。

https://www.zyr.co.jp/komugi/glyphosate.html


問題なのは、どこの輸入業者のものがよい、どこのメーカーがよい、という問題ではなく、輸入小麦の強力粉を使用している日本中の食品が問題であるということだそうだ。
当然、バイエルとも大いに関わることである。まさに現代のナチスと731部隊によるジェノサイドとも言い換えられるのだろう。
そして、今何かと話題のビルゲイツ(ロックフェラーの隠し子)はどうやらバイエルの筆頭株主だようだ。
日本政府(背後の皇族)が最近、ビルゲイツによるワクチン開発やWHOへの資金提供への賞賛のためか旭日大勲章を授与している。

https://srad.jp/story/20/04/30/1818238/


まるで、東京大空襲を指揮し、民間人を大量虐殺したカーチスルメイに日本政府と裏で操る皇族が勲一等旭日大綬章を与えたかのようだ。(当然皇居や財閥関連系の施設・建物は無傷)
個人的にはア屁アホウスガら日本政府の皆様は天皇や官僚、アメリカDSの脅迫に屈し、彼らの推し進めるアジェンダに従わざるを得ない立場の為、直接的怨恨もないしあまり非難したくはないのだが、そろそろ気をつけておかないと本当に処刑される可能性が高いということだけは警告しておきたい。


外患誘致罪をご存知だとは思いますが念のため。
それにしても、最近コロナで外出自粛になって芸能人やスポーツ選手の皆様もかなり日本政府に懐疑的になり、元プロサッカー選手のH氏や俳優のA氏やU氏をはじめ多くの方々が声を上げているようだ。
ある方は日本の芸能界は上級国民だ、支配層の手先だから徹底的に糾弾するようなスタンスをとっているが、事務所を通じて脅迫されるリスクを抱えておきながらあれだけ声をあげる人が続出しているので本当は現政権に好意を抱いている人は庶民並みに少ないのではないのだろうか。
また、都市伝説の関氏や山本太郎氏などがチップ埋め込みを推奨した、中共を非難しない、日本会議や神社本庁について触れないもしくは賞賛するからすぐにカバールだのDSだのとレッテル貼するのもかなり危険思考だと思っている。これこそ奴等の得意とするところの分断統治という手法にまんまと乗せられてしまいかねない。


白黒論…上記に挙げた以外に右左、原発利権vs石油利権、キリスト教vsユダヤ教などが挙げられるだろう。このように奴等は何世紀にもわたってこのような手法で庶民のみならず政治家をも利用してきたのだから。まるで人々をチェスのように扱うかのように。ねぇ、エリザベス🦎、アレクサンダーさん、フランシスコさん、なるひとさん、あきひとさん、みちこさん、まさこさん。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

petennou31

Author:petennou31
RAPTブログ、服部順治氏筆頭に様々な方のブログを拝見して以来、イルミナティ、悪魔崇拝者、小児性愛犯罪ネットワークが存在することに気が付いた。
当ブログではこういった話題を中心に投稿する。

ご覧の皆さまへ
現在は平成であり、イエス様がいた2000年前でもジャンヌダルクの活躍した15世紀でも、戦時中でもありません。
真実を伝えるものが磔刑にされたり、魔女狩りで火炙りにされたり、非国民だと連行され嬲り殺される時代ではありません。
たかが他人の白い目を気にして躊躇するわけには参りません。基本的に家族以外ならば拡散できます。
しかも沢山の情報が拡散されており誰でもいつでも調べられます。ただし、ネットの情報を鵜呑みにすべきではありませんが。
昔に比べて真実を知り、拡散するのが遥かに容易になったと思います。その容易な時代にあってすら何もしないのは酷ではないですか。
先人達に恥じない生き方をせねばならないですね。