FC2ブログ

記事一覧

天皇・DSについて重要ツイート3

*その1・2

http://petennou666.blog.fc2.com/blog-entry-89.html

http://petennou666.blog.fc2.com/blog-entry-90.html

 

 

1 天皇の権力と戦争責任
EiBIKqgUcAA-HXB.jpg 

・今更ながら天皇についておさらい。

明治憲法下では今と同じ立憲君主制であったが天皇を主権者とし、陸海軍の最高指導者(統帥権)であった。

故に東京裁判で戦犯として裁かれるべきであった。

ネトウヨのいう軍部の暴走は言い訳にならないわけである。

そして、GHQ草案によって書き換えられた日本国憲法

 

は主権が天皇ではなく国民へ移った。だから、天皇制は日本国民の総意に基づき、憲法改正は国民投票によって行われるべき。

にも関わらず国民投票によって象徴天皇が残されたとは聞かない。

それどころか実際は身内の内閣や閣僚、各省庁、医療者、メディア関係者を使って代理で独裁をやらせているのが実

 

態である。

そして、実態のない中央銀行システムを通じて海外の国際金融資本家と組んで日本の富をあらゆる税金を通じて搾取しているのが実態。

そしてあろうことかお仲間のヨーロッパ王族に便乗し、自らも幼児をレ○プ殺人し、その血肉を嗜んでいると。

EiBIL8GU0AAS6mZ.jpg fc2blog_202008271505106a5.jpg

http://ar7.sakura.ne.jp/wp2/%e5%87%a6%e5%88%91%e9%81%8a%e3%81%b3/ より

 

https://google.co.jp/amp/s/japan-indepth.jp/%3fp=50306&amp


zyouzi.png 

そしてどうやら、GHQが昭和天皇裕仁の戦争責任を問わず、象徴(建前)として残すよう指示したのは当時の英国王・ジョージ6世だった可能性が高い。

裕仁がガーター騎士団や英国陸軍大将だったからだろう。

 

1936年に陸軍の皇道派青年将校が、2.26事件を起こし、昭和天皇裕仁が激怒し、反乱軍としたことについて天皇が平和主義者であると反論する人もいるだろう。

が、ここまで学んできた皆様は皇道派の「財閥を倒し、天皇中心の政治を行い、国民と一致団結する」という思想が矛盾しているということに気付く

 

だろう。何故なら天皇家自体が他の主要財閥を総括する天皇財閥(宮内庁が管理)だからだ。

http://www.yamamotomasaki.com/archives/799

つまり、裕仁が激怒したのはあくまで自らの利益に脅威となると危惧したからではないだろうか。

当時の青年将校らはまんまと騙されていたのだろう。

 

*ある方から頂いた重大なリプ


EiZ_iqOUwAA4VBt.jpg 

[2.26事件の真相に関しては以下の動画をご参考に。

要は天皇のイルミナティ化を危惧しての皇道派の決死のクーデターをヒロヒトは握りつぶし、天皇に逆らえない体制を作り無謀な戦争へと突入させた。日本を滅ぼすため

■太田龍 昭和天皇はイルミナティ世界権力の道具だった

https://youtube.com/watch?v=GZTpp7VvsW4&t=4651s ]

 

2 天皇家とイエズス会とキリシタン大名・黒田官兵衛の関係

・不自然に思うのは何故か海外のQが日本の皇族について指摘している情報が少ないこと。(もしかしたらしている?)

Qarmyに所属しているいない関係なく、日本のQの人達の場合、追及する人が結構いるが殆ど個人レベルの垢。

天皇家は太陽崇拝者。

イエズス会は黒い太陽。

繋がりますかね?


iezusukai.png 

2枚目…エプ島

 

もう殆どアドルフォニコラスもフランシスコ法王もとっくに権力失っているはずだ。

何故まだイエズス会に権力が残っているのか。

彼らだけではなかったということでしょう。

黒い貴族についてはよくわからないが、天皇や日銀に関わりのあった黒田官兵衛がイエズス会だったという。

https://ameblo.jp/maeni76pop/entry-11917832810.html

 

3 田布施システムや天皇すり替え説に関する見解

・天皇や田布施についての議論が熱くなっておりますが、私が思うことを呟かせてください。

私も以前のブログにはユダヤや田布施、李氏朝鮮についても触れていましたが、最近になってあまり意味のないものであると思うようになりました。

例えば皇族や政財界を例に挙げるとするならば、李家だけでなく

 

徳川や旧藩主(島津、毛利、津軽など)、公家などの家系もミックスされ複雑化され血筋を特定するのが困難だからです。人種性別宗教で一括りにできるものではないということです。

とはいえ、皇族が光の勢力だとする意見には賛同しかねます。カバルの主要格または取り込まれている可能性大です。


fc2blog_20191229234240082.jpg 

とはいえ、現皇族の方々のアイデンティティが大陸寄りなのはあながち間違いではないでしょう。

※過去に明仁上皇本人が「百済にゆかりがある云々」と発言していました。

明仁本人が「百済王朝子孫でゆかりがある」発言

https://s.japanese.joins.com/JArticle/252944?sectcode=A10&servcode=A00

 

・天皇すり替え説について。

個人的に幕末の天皇暗殺&すり替え説は可能性高いとみている。

その論拠として

Ⅰ孝明天皇は攘夷論(外国を追い払う)を唱えていて、公武合体(朝廷と幕府が協力)し、中立派として鎖国を続けるべきであると考えていた。息子の睦仁にも当然その思想は受け継がれていたのではないだろうか。


Ei_Jr5RUcAAloY1.jpg 

Ⅱ孝明は天然痘で亡くなったとされているが、倒幕派による毒殺説もある。ネットではなく書籍(ポプラディアより)

しかも大政奉還(1967)の少し前。その後すぐ王政復古の大号令により、天皇を中心とする薩長を主権とする新政府誕生。


Ei_JsV4U8AAH0Eo.jpg 

fc2blog_20200827150724968.jpg 

※倒幕派からしたら、開国を拒み、公武合体を唱える孝明天皇はかなり邪魔だったはず。徳川に主導権を持たせないよう大号令出した薩長新政府。

そして、明治~の歴代天皇は英国よりガーター騎士団員に任命。いわば英国コピー版

 

Ⅲ若かりし頃の孝明の息子・睦仁は弱々しく病弱だったのに、明治新政府が持ち上げた睦仁は屈強な大男へと成長した。人間の身体ってそんなに変わるかな?まぁ可能性ゼロではないが…

https://bushoojapan.com/jphistory/kingendai/2020/02/12/105853

 

Ⅳその他、「明治天皇は写真嫌いだった」

https://www.asahi.com/articles/ASK234SVBK23UTIL021.html

「新政府&天皇は京都→東京(江戸)へ移り住み、旧江戸城を皇居へと変更した」ことなどからもやはりすり替え説はかなり説得力がある。

以上、代表的な証拠は上記に説明した。

※ひょっとするとすり替えではなく、新政府側が当時若かった睦仁を人質に取って、言うことを聞かせたという可能性も捨て切れないと思っている。

 

正直、天皇が入れ替わっている・いないの議論はあまり重要ではないと思っている。(過去ブログにすり替え論に触れておいてなんだが)

それよりも明治憲法下で、天皇が主権を握って軍国主義に突き進んだにも関わらず、戦後GHQによって責任を問われなかったことが問題。日本国民を配慮してか、ジョージ6世の圧力もあってか…。

 

…ここまで天皇に関する闇についてまとめてきたが、やはりどうしても彼らだけは庇いたいという人もいるようだ。


akihito.png 

では最後に上皇明仁の画像を載せておく。対比としてテレサと元ローマ教皇・ベネディクト16世。これでも彼らが善人であると思いますか。私には延々と人々をだまし続け、人身売買などおぞましい犯罪に積極的に関わっていたとしか思えない。

https://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/9453e55c8ea77b0a8ed4671df02dd763

 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 天皇・DSについて重要ツイート3

了解です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

petennou31

Author:petennou31
RAPTブログ、服部順治氏筆頭に様々な方のブログを拝見して以来、イルミナティ、悪魔崇拝者、小児性愛犯罪ネットワークが存在することに気が付いた。
当ブログではこういった話題を中心に投稿する。

ご覧の皆さまへ
現在は平成であり、イエス様がいた2000年前でもジャンヌダルクの活躍した15世紀でも、戦時中でもありません。
真実を伝えるものが磔刑にされたり、魔女狩りで火炙りにされたり、非国民だと連行され嬲り殺される時代ではありません。
たかが他人の白い目を気にして躊躇するわけには参りません。基本的に家族以外ならば拡散できます。
しかも沢山の情報が拡散されており誰でもいつでも調べられます。ただし、ネットの情報を鵜呑みにすべきではありませんが。
昔に比べて真実を知り、拡散するのが遥かに容易になったと思います。その容易な時代にあってすら何もしないのは酷ではないですか。
先人達に恥じない生き方をせねばならないですね。