FC2ブログ

記事一覧

大統領選きっかけに王族や皇族の闇へ

EmnsqGvU0AUwPem.jpg 

https://twitter.com/TTrumpSJapan/status/1326851778806124544?s=20 より

 

 

アメリカ大統領選投票が形だけ終了し、一応マスメディアはバイデンが当確と勝手に報道している。

しかし、トランプ氏は不正があったということで認めていない。法廷闘争へ持ち込むようだ。

不正の証拠の例を挙げるなら、郵便投票の問題点(ex.死人の名前でも投票可)や一夜にしてバイデンの票が増えたなどがあげられる。個人的には間違いなく不正をやっていると思っている。

ペンシルベニア州やミシガン州などで訴訟対象、ジョージア州では再集計が行われるという。

トランプ陣営のマクナニー報道官は「ペンシルベニアでは682,479票が誰の監視もなく投票された」と述べた。

https://sn-jp.com/archives/20180

 

さらに驚くことに、今回の大統領選挙は囮捜査としてはじめから仕組まれたもので、投票用紙に透かしが入れられ、GPSで不正の証拠もキャッチできるという情報も。バイデンの当確が決定しても普通ならゴルフしに行こうと思わないだろう。わざと泳がしていたのだろう。

その件についてはリッキー社長さんが詳細に解説されている。

https://youtu.be/p59nKQgOVyo

 

そもそも、バイデンは息子ハンターをも利用し、マフィアとつるませ、麻薬売買や売国行為その他もろもろやらせた第一級犯罪者である。トランプ氏の個人弁護士ジュリアーニ氏は大統領選に出てる場合ではない、裁判所に出頭すべきだと述べていた。

https://twitter.com/TTrumpSJapan/status/1323475084288290821?s=20

 

とくに日本のメディアでは相変わらずバイデン押しがひどく、つい先日バイデンのセクハラ疑惑を発現した小林麻耶さんが干されたばかりだ。

ここまでマスゴミがトランプ氏の些細な問題発言をピックアップしてたたくのは、日本国内でトランプが勝利すると非常に困る人がいるからだ。その中には日本政府や各省庁、大企業、メディア、皇族の皆さんも該当しているはずだ。

 

ちなみに元首相安倍晋三や上皇明仁は早い段階で粛清対象者に該当している。

c42bc079-s.png

http://fushigidog.blog.jp/archives/40397223.html より

 

先日、トランプ氏が戒厳令・国家非常事態宣言を出したので、例の放送ふくめこれからどんどんマスゴミの嘘が暴かれ、眠っていた一般人も目を覚まさざるを得ない状況に突入するのだろう。

https://johosokuhou.com/2020/11/13/40012/

民主党とハリウッド、中国共産党の臓器売買児童売買、さらに発展しバチカンやヨーロッパ王室、そして皇族まで芋づる式に原発・石油・軍需産業、医産複合体(ex.癌ビジネス、赤十字)へと流れていき

Eml1L2bUYAAA0sF.jpg
Eml1L2cVMAAqWrc.jpg 
EmwEhwKUcAAFwZj.jpg EmtteVzVgAAeJCs.jpg

(すべて転載フリー)

ひょっとすると、闇に消えた事件(ex.世田谷一家殺人事件や日航ジャンボ機墜落事件)や皇族・四大財閥・大企業による四大公害、元米軍がケムトレイルによるプルトニウム廃棄を暴露http://blog.livedoor.jp/donnjinngannbohnn/archives/2035249.html

の実態などもふくめて暴露される可能性も充分考えられる。

 

*前回、例の緊急放送が11/3にあるといった内容のブログを紹介しましたが何も起こらなかったようです。(銀連のいう大統領選前というのは結果が決定するまでということなのではないだろうか。原文と和訳のニュアンスの違いによるものだと考えている。)

謹んでお詫び申し上げます。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

petennou31

Author:petennou31
RAPTブログ、服部順治氏筆頭に様々な方のブログを拝見して以来、イルミナティ、悪魔崇拝者、小児性愛犯罪ネットワークが存在することに気が付いた。
当ブログではこういった話題を中心に投稿する。

ご覧の皆さまへ
現在は平成であり、イエス様がいた2000年前でもジャンヌダルクの活躍した15世紀でも、戦時中でもありません。
真実を伝えるものが磔刑にされたり、魔女狩りで火炙りにされたり、非国民だと連行され嬲り殺される時代ではありません。
たかが他人の白い目を気にして躊躇するわけには参りません。基本的に家族以外ならば拡散できます。
しかも沢山の情報が拡散されており誰でもいつでも調べられます。ただし、ネットの情報を鵜呑みにすべきではありませんが。
昔に比べて真実を知り、拡散するのが遥かに容易になったと思います。その容易な時代にあってすら何もしないのは酷ではないですか。
先人達に恥じない生き方をせねばならないですね。